メイン画像

違法改造にならないように

車を所有すると、自分だけのオリジナルな一台にしたいと思ってカスタムを行う人もいます。 いわゆる車の改造のことですが、改造はとてもいいことですが、注意すべきこともあります。 それは、違法改造にならないようにするということです。 車の改造にも合法的なものと違法のものとがあり、違法改造をすると、法律違反として処罰されることになります。 人によっては気付かないうちに違法改造をしてしまうケースもありますが、それでも法律違反なら同様に処罰されてしまいます。 したがって車を所有する人はこの点を考えて、カスタムする場合は違法改造にならないように注意しなければなりません。 カスタムをする人がまず行うべきことは、自分が行うカスタムが違法改造じゃないかどうかを前もって調べることです。 何かの部品を購入するにしろ、もしそれが不正なものであれば、購入代金が無駄になってしまいます。 でもあらかじめ調べておけば、余分な出費をしないですみます。 違法改造に当たる例は、実にたくさんのものがあります。 身近なところでは、タイヤのはみ出しがあります。 タイヤは通常はボディーの内側に収まっているものですが、この見栄えが悪いとして、外側にはみ出すように改造する人がいます。 しかしこのはみ出しは違法改造になります。 また、クラクションの音も制限があり、制限以上の音が出るクラクション、またミュージックホーンの取り付けは違法になります。 他にも、ステッカー、サイドミラー、ウイング、マフラー、ヘッドランプなど、各部で違法行為とされる改造があります。 こうしたものについて、どこにどんな違法改造の例があるのか前もって調べておくようにしましょう。 万が一、不正改造を行った場合は、道路運送車両法に基づいて処罰されることになります。 道路運送車両法によれば、6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が下されることになっています。 これに加えて、使用停止処分も規定されています。

改造車では法に触れることも

自動車は自分なりに改造することを可能としています。 ただどんな改造車でも問題なく走行できるわけではなくて ・・・カスタムネタは

Sub Menu

その人の味を出す
内装を少しでもカスタムに
外装から全てを
改造車では法に触れることも