メイン画像

改造車では法に触れることも

自動車は自分なりに改造することを可能としています。 ただどんな改造車でも問題なく走行できるわけではなくて、どのような改造をしたかによって法に触れてし合う場合があります。 触れるような改造をしてしまいますと、車検を受けることができませんし、公道を乗っていると違反として捕まってしまいます。 ではどのような改造車がダメとしているのかというと、かなり色々とありますが、一番多いのが車高やマフラーに関することです。 車高は最低地上高をある程度確保しなければいけないとしていて、それ以下になるとダメです。 最低でも9cm必要としていて、ホイールベースによってもっと確保していないとダメとしています。 マフラーは車検適応のマークもしくは証明書がないと、発生する音によってダメになります。 その目安になるのが96dBになります。 空ぶかしした時にうるさすぎるなとちょっとでも感じたのならアウトと思ったほうが良いです。 後はフロントガラスに指定されているステッカー以外貼ってはダメや、外周が大きすぎてメーターのご作動をおこすタイヤはダメ等色々とあります。 かなりシビアな部分もありますので、改造車をつくろうとしているのならよく調べてからにしましょう。

Sub Menu

その人の味を出す
内装を少しでもカスタムに
外装から全てを
改造車では法に触れることも