メイン画像

車のカスタムをする事は

自分の車を世界に一つしかないオリジナルにするために、カスタムに専念する人もいます。 このように自分だけのオリジナルに車を改造することは、いいことでしょうか? それはどういう基準で考えるかによります。 例えば、単に乗って走ることだけを基準に考えれば、オリジナルにカスタムすることはいいことです。 そうすることで目立つことができますし、こだわりを楽しんで満足することもできるでしょう。 一方、将来売却することを考えた場合は、少し事情が違ってきます。 もしその車を少しでも高く売りたいと考えるなら、実はカスタムはしないほうがいいのです。 というのは、改造車というのは中古車買取では高く評価されないからです。 高く評価されないということは、高く買い取ってもらえないということです。 正確にいえば、大部分の買取業者では高価買取できないということです。 本当にその車に専門的に通じており、なおかつ絶対に転売できるルートやノウハウを持っているなら高価買取できますが、そうでないところでは評価額は低くなります。 改造する人は、この点についても考えておくといいでしょう。 それにしても、なぜ改造することで評価額が落ちるのか不思議に思われるかもしれません。 これには明確な理由があります。 それは、日本で中古車を売る場合、ノーマルの状態で販売したほうが売れ行きが良くなるからです。 改造した車もまったく売れないわけではありませんが、好みが出てしまうため、安定した販売成績を出せるものとはならないのです。 日本人の好みの平均を考えた場合、ノーマルのほうが売れやすいので、買取店もできるだけノーマルを買い取りたいと考えているのです。 こうしたわけで、カスタムは少なくとも買取の世界ではあまり高く評価されない傾向にあるのです。 それでも改造したいと思うなら、純正部品をちゃんと残しておき、売却するときになったら再び純正部品を取り付けてから売るようにするといいでしょう。

その人の味を出す

自家用車はプライベートの時間を過ごす時間が長く、値段も高いものです。 したがって身の回りの物の中で最もこだわりや持ち味が・・・カスタムネタは

Sub Menu

その人の味を出す
内装を少しでもカスタムに
外装から全てを
改造車では法に触れることも